オオムラサキの幼虫が榎の木を降り始めました。

◆記事のカテゴリー:日記 ◆投稿日時:2018-11-20 14:44:00


朝の冷え込みがきつくなって、榎の葉も紅葉が進みました。

オオムラサキの幼虫も、榎の木を降り始めました。




暖かい日の午後には、木を降りる幼虫が多く見られます。



良く見ないと木の皮の傷と見間違えてしまいます。




地面に降りると落ち葉の裏に隠れます。




この時期、まだ落ち葉があまり落ちていないので、去年の落ち葉を木の根元に敷いてやっています。




大体一枚に一匹が普通ですが




この葉っぱは居心地が良いんでしょうか、5匹がくっついていました。

幼虫達はこの状態で、来年の春、暖かくなるまで、じっとして寒い冬を越します。






投稿by管理人2018-11-20 14:44:00|コメント(0)|コメントする