オオムラサキの幼虫は4齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2020-10-04 13:10:00


10月になり、朝夕は寒いくらいになりました。

オオムラサキの幼虫達も衣替えをしています。




脱皮が始まりました。体の横に白い線が入ります。細いので見えにくいです。




体を後ろに反らせます。脱いでいる皮に頭が後ろに引っ張られているのです。



頭とつながっていた背中側の皮が切れると元通りに戻ります。この時まだ古い頭はついたままです。




古い頭を落として脱皮が終了しました。






2~3時間位たったら自分の脱いだ皮を食べ始めます。このころには角も黒くなっています。




4齢幼虫の角は3齢幼虫に比べると小さく、頼りなげです。




でも拡大してみると、結構、鋭そうです。





4齢幼虫は榎の葉の色が変わるのにあわせて自分の体の色を変えていきます。





投稿by管理人2020-10-04 13:10:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの幼虫は3齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2020-09-23 13:29:00


暑かった夏も、やっと朝夕は涼しくなってきました。

オオムラサキの幼虫は3齢になっています。





3齢幼虫は2齢とほとんど同じ形をしていますが、2齢より体も角も少し大きいです。




警戒のポーズ。





角がだんだん黒くなってきます。





頭の後ろが白くなってくると4齢への脱皮が近くなってきます。



投稿by管理人2020-09-23 13:29:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの幼虫は2齢になっています。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2020-08-02 13:41:00


長かった梅雨がやっと開けて、オオムラサキの里にも夏がやってきました。

オオムラサキの幼虫達は2齢へと変身しています。





脱皮が近づくと頭の後ろが黄色くなります。




脱皮が始まると体を反らします。




喉の所の皮が破れて、新しい足が出てきます。



後ろへ反り返っていたのが、首の後ろの皮が破れると同時に今度は元の様に前に倒れます。

この時、角が現れます。続いてどんどん皮を脱いでいきます。





皮を全部脱ぎ終わりました。まだ、黒い頭の部分は顔についたままです。




角が伸びています。





黒い頭をはずします。




角も立派に伸びて脱皮は終了しました。

この後3時間ほどじっとしています。





3時間ほどすると、角はかたくなり、黒くなります。

そして、今自分が脱いだ皮を食べ始めます。




食べ終わるとその場で休みます。


Facebookに動画をアップしています。

投稿by管理人2020-08-02 13:41:00|コメント(0)コメントする