オオムラサキの幼虫は越冬に入りました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2023-12-03 10:00:00



今年はいつまでも暑い日が続いていましたが、さすがに12月になると冬を実感する様になりました。

オオムラサキの幼虫は越冬態勢に入りました。



榎の根元の落ち葉を裏返すと、越冬幼虫が肩を寄せ合っていました。





こちらは大混雑です。幼虫の数に比べて落ち葉が少ないのです。

まだ木には葉が残っているので、どんどん落ちてきます。


幼虫達は来年の春までお休みです。





投稿by管理人2023-12-03 10:00:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの里に新しい命が生まれています。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2023-07-15 10:58:00


オオムラサキの里は梅雨があがって、真夏に突入した様な天気です。




ネットの中ではあちこちでオオムラサキの交尾が見られます。





そして、葉の上などに沢山の卵が産みつけられているのを発見できます。





そして、葉の先の方を見ると、黒い頭の幼虫も見つけることができました。




幼虫は葉と同じ緑色をしていて、よく見ないと見逃してしまいます。




幼虫は2週間ほどすると脱皮して2齢幼虫になりますが、脱皮が近づくと頭の後ろが白っぽくなります。




そして、2齢幼虫になると立派な角が生えてきます。

角が生えると、アリなどの外敵と戦うことができます。





投稿by管理人2023-07-15 10:58:00|コメント(0)コメントする

メスも生まれ始めました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2023-06-26 11:16:00


オオムラサキの里は、梅雨の真っ只中ですが、今日は梅雨の晴れ間で日のさす時間帯もあります。





メスの羽化も始まり、沢山の人が誕生を見守ります。




オオムラサキのメスは黒っぽい茶色をしていて、オスより一回り大きいです。








こちらはオスです













メスが生まれると早速オスがアタックします。





今オオムラサキの里では、オスがメスを追いかけて飛び回っています。

投稿by管理人2023-06-26 11:16:00|コメント(0)コメントする