オオムラサキの幼虫は3齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-08-12 14:03:00



大雨の後は危険なほどの暑さが続いています。

オオムラサキの里も暑いですが、幼虫達は順調に3齢になっています。




3齢幼虫は2齢に比べて体も大きく、立派な角を持っています。









こちらは、脱皮したばかりの3齢幼虫。白い脱いだ皮と2齢の頭の部分が見えています。





こちらは、脱皮まぢかの2齢幼虫。角が黒くなり、頭の後ろが白くなっています。




投稿by管理人2018-08-12 14:03:00|コメント(0)コメントする

2齢幼虫になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-07-20 13:48:00


とにかく、暑いです。

オオムラサキの里では、滅多に暑さを感じることがありませんが、今年はとにかく暑いです。

ネットの中で写真を撮ってるだけで、汗がでてきます。



オオムラサキの幼虫は、暑さに負けず2齢になっていました。





これは、脱皮したばかりの幼虫。角が白いです。





1齢幼虫と2齢幼虫。





2齢幼虫の縄張りに1齢幼虫が入っていくと、角で追い払われます。





でも、1齢幼虫も、どんどん生まれるので場所によっては過密状態に・・・




これは、脱皮が迫った1齢幼虫。頭の後ろが白くなっています。

投稿by管理人2018-07-20 13:48:00|コメント(0)コメントする

新しい命が生まれています。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-07-12 13:52:00


「オオムラサキを自然にかえす集い」が終わってすぐに降り出した雨が広島県、岡山県に甚大な被害をもたらしました。

幸いにも「オオムラサキの里」自体には直接の被害はありませんでしたが、アクセス道路が2本とも通行止めとなり、

数日間、陸の孤島になっていました。

そんな中でも、「オオムラサキの里」では新しい生命が誕生していました。





先ずは、お見合いで相性を確かめます。




メスがOKすると、交尾が始まります。




そして、数日すると、産卵が始まります。




産み付けられてすぐの卵は、きれいな緑色をしています。




そして、1週間ほどすると、ちいさな1齢幼虫が生まれてきます。




1齢幼虫は、角がなく、黒い帽子をかぶったようなかっこうをしています。


投稿by管理人2018-07-12 13:52:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキを自然にかえす集い

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-07-01 11:00:00
今日は「オオムラサキを自然にかえす集い」です。

昨日は大雨で今日はどうかと心配でしたが、今日は梅雨が明けたような良い天気になりました。




朝早くから、今日放すオオムラサキを320匹をケージに取り込みました。




見学者も早い時間から来られます。





午前11時、いよいよ始まります。









後藤会長の挨拶の後、4つのケージが一斉に開かれます。














天気も良かったので、みんな一斉に飛び立って行きました。






投稿by管理人2018-07-01 11:00:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキのメスの羽化が始まりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-06-21 14:27:00


今日は梅雨らしいうっとうしい日です。

そんな中、オオムラサキの里では、メスの羽化が始まりました。



サナギの頭の方から割れていきます。





割れ目を押し開く様にして出てきます。




真っ直ぐ下に向かって出てきます。





体が出た瞬間、羽を伸ばし、足で抜け殻につかまります。




細い足で必死につかまっています。




頭を上に向け、羽を下に向けて伸ばし始めます。

お腹の体液を羽に送ることで、羽を伸ばしているのです。







10分ほどで、これ位伸びます。

しかし、飛べるまでには、5時間位かかります。




オオムラサキのメスです。ムラサキ色は無く、全体が茶色っぽい黒色をしています。




オスとメスです。メスの方が大きいです。







私の肩にも飛んできました。



オオムラサキのもぐもぐタイム。

オオムラサキは、クヌギなどの樹液が主食ですが、ここでは、その代用として、果物などから作ったスペシャルドリンクを与えています。


今年の「オオムラサキを自然にかえす集い」は、7月1日(日)午前11時からです。

6月27日午後6時10分からNHK広島で放送される「お好みワイドひろしま」の「みっけ!」のコーナーでオオムラサキの里が紹介されます。




投稿by管理人2018-06-21 14:27:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの羽化が始まりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-06-09 14:58:00


梅雨に入ったと思えないさわやかな天気です。

オオムラサキの里では、ついに羽化が始まりました。

最初の一週間はオスばかり生まれてきます。



















頭から降りてきて、最後にかろうじて4本の足でしがみつきます。

何度見てもスリリングです。















これから、これらのサナギが順番に羽化します。


投稿by管理人2018-06-09 14:58:00|コメント(0)コメントする

サナギになりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-05-22 11:25:00


真夏のような日があったり、肌寒い日があったりと、気温の変化が激しい日が続いています。

今日は、暑くもなく寒くもなく、穏やかな五月らしい日になりました。

オオムラサキの幼虫はついにサナギになりました。










サナギはきれいな緑色をしていて、木の葉と見分けがつきません。

三週間すると白くなって、いよいよオオムラサキの誕生です。






サナギになる前、幼虫は、葉の裏に逆さまにぶら下がります。







脱皮が近くなると、表面がしわしわになってきます。




榎の葉も残り少なくなってきました。

今年は葉が早くから出始めたので、足りるかと思ってましたが、やはりオオムラサキの食欲には勝てませんでした。

葉が無くなると、第二、第三ネットへ幼虫を移してやります。

投稿by管理人2018-05-22 11:25:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの幼虫は6齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-05-15 14:15:00



オオムラサキの里は一段と緑が濃くなりました。


オオムラサキの幼虫も6齢になっています。




体も大きくなり、葉っぱからはみだしそうです。









6齢になると、食欲も旺盛になります。





食事中です。





葉っぱの一枚ぐらい、あっという間にたべてしまいます。











今、これだけ葉がありますが、いつ食べつくすかわかりません。

投稿by管理人2018-05-15 14:15:00|コメント(0)コメントする

5齢幼虫になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-05-01 09:53:00


5月になり、オオムラサキの里も新緑の色を濃くしています。

オオムラサキの幼虫も榎の葉の色に合わせ、脱皮して緑色に変わっています。




皮を脱いだ時は、まだ茶色が残っています。




榎の葉を食べ始めると全身が緑色に変わります。





食事に出かけます




そして、ひたすら食べます。



どんどん食べて、どんどん大きくなります。

この時期、メインのネットだけでは榎の葉が足りなくなるので、第二、第三ネットへ幼虫を移動させなければならなくなります。


投稿by管理人2018-05-01 09:53:00|コメント(0)コメントする

幼虫が榎の葉を食べだしました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2018-04-19 10:02:00


オオムラサキの里の新緑がきれいです。

榎も若葉を芽吹かせ、オオムラサキの幼虫も早速葉を食べ始めました。






ムシャムシャ食べています。





食べ終わりました。














食べ終わると、木の枝で丸くなって、木の芽と見分けがつかないようにしています。


もう少し葉が沢山出てくると、葉と同じ緑色に変身します。

投稿by管理人2018-04-19 10:02:00|コメント(0)コメントする