メスの羽化が始まりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2013-06-23 14:37:00



充分過ぎる雨で木々の緑も一層濃くなりました。

オオムラサキの里では、メスが誕生し始めました。



大きなメスです。




大きなお腹をしています。




手前がオス。向こうがメスです。

オスとメスでは、これくらい大きさが違います。



メスに求愛するオスです。




今日も見学者が沢山来られました。



感動的な羽化の瞬間が見られました。

投稿by蕪生庵2013-06-23 14:37:00|コメント(0)コメントする

沢山のオオムラサキが羽化しています。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2013-06-19 10:47:00


久しぶり雨が降ったので、榎も元気になった様です。

今まで葉が出なかった木もやっと葉が出てきました。



オオムラサキの羽化も順調で、ネットの中では沢山のオオムラサキが飛び回っています。














沢山のオオムラサキが羽化しているので、羽化の観察もあまり待たずに出来ます。

午前中だけでも、4匹の羽化が観察出来ました。



殻から出てくる瞬間です。



殻から抜け出しました。




必死に足で殻につかまります。



上向きになって、羽を伸ばします。

これから5時間ほどして、やっと飛べるようになります。




投稿by蕪生庵2013-06-19 10:47:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの羽化が始まりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2013-06-10 13:59:00


梅雨というのに、ちっとも雨が降らないので、ダムの貯水量は50%を切って水不足が心配です。

今日もどんよりとしていますが、雨は降りそうにありません。

でも、オオムラサキは今年も羽化を始めました。




今年の第1号です。

深い青紫が神秘的です。

エサ不足で大変でしたが、無事羽化してくれて一安心です。

オオムラサキの幼虫は、半分くらいがサナギになっています。

ちょうどサナギになる幼虫がいました。



サナギになる前の幼虫は、ミシュランのタイヤマンみたいに、ぼこぼこになります。



体の側面に白い筋が入り、頭の方から皮を脱ぎ始めます。



背中のあたりが半分位出てきました。

頭が二つに割れて、後ろの方へ引っ張られます。




背中の方は、はとんど出てきました。

頭も半分位、脱げています。 お腹のあたりに見えるのが角です。






古い皮が、きれいにまとめられています。



お尻の所から、マジックテープのついた吸盤が出てきます。

この時点で、サナギは完全に古い皮から抜け出ています。




吸盤を、葉に押し付け、葉にあらかじめ張っておいた糸に、マジックテープを絡めて固定します。




がっちり、固定しました。少々の事でははずれません。





体をゆすって、古い皮を落とします。




激しく体を揺さぶります。



皮が落ちました。

頭が二つに割れています。





誕生したばかりのサナギは綺麗な緑色をしています。




こちらは、一週間位のサナギ。殻が固くなっています。





ネットの中の榎も、やっと葉が出てきました。

来週くらいには、オオムラサキが羽ばたく、緑のオオムラサキの里が見られそうです。














投稿by蕪生庵2013-06-10 13:59:00|コメント(0)コメントする