サナギになりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2016-05-22 14:51:00


オオムラサキの里は、夏の様な日差しに、木々の緑が日に日に濃くなってきました。





オオムラサキはついにサナギになりました。

榎の葉と同じ様な色と形で、よく見ないと見つかりません。



サナギになる4~5日前から葉の裏側で上を向いてじっとしています。




2日ほどすると逆に頭を下にして動かなくなります。



そして、2日ほどで、皮を脱いでサナギになります。

皮を脱いだサナギは濡れた様なきれいな緑色をしています。

サナギは3週間で蝶になります。



ネットの中の榎の葉はほとんど無くなりました。

投稿by蕪生庵2016-05-22 14:51:00|コメント(0)コメントする

大きな6齢幼虫が見られました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2016-05-12 14:17:00


今朝は寒かったのですが、午後の日差しは夏を思わすほど強くなりました。



榎の葉と同じくらいの大きさの6齢幼虫がいました。





大きな幼虫は食欲もすごいです。榎の葉をどんどん食べます。




お腹がいっぱいになると、あちこち散歩に出かけます。




来週にはサナギになりそうです。




こちらは、6齢になったばかりの幼虫です。




榎の葉はまだ残っていますが、いつまでもつか。これくらいだと一晩で無くなることもあります。


投稿by蕪生庵2016-05-12 14:17:00|コメント(0)コメントする

5齢幼虫が多くなりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2016-05-01 11:19:00


オオムラサキの里は、新緑に包まれています。

朝晩はひんやりしますが、日中は汗ばむほどの陽気です。




オオムラサキの幼虫も半分以上が5齢になっています。

左が4齢、右が5齢幼虫です。



こちらは、脱皮したばかりの5齢幼虫です。右側に脱いだ皮が見えます。





榎の葉を食べる5齢幼虫。 





どんどん食べて、すぐに大きくなります。





今年は、榎の葉も順調に芽吹いていますが、多分これもすぐに食べられてしまうでしょう。


投稿by蕪生庵2016-05-01 11:19:00|コメント(0)コメントする