3齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2017-08-20 13:25:00


お盆を過ぎて、朝方は寒いくらいですが、日中はまだまだ夏の日が続いています。

オオムラサキの幼虫は、3齢が見られるようになりました。




3齢になると、角も立派になります。




この時期、2齢と3齢が入り混じっていて、よく見ないと、どちらかわかりません。

大体は3齢の方がおおきいのですが、なかにはでっかい2齢幼虫がいて間違うこともあります。




これは、2齢幼虫です。

結構大きいので、3齢と区別が付きません。




こちらも、2齢幼虫ですが、これは、脱皮直前で角が黒く、頭の後ろが白くなっているので直ぐにわかります。





これが3齢幼虫。体が大きく背中の突起も大きくてとがってます。


投稿by蕪生庵2017-08-20 13:25:00|コメント(0)コメントする

2齢幼虫になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2017-08-01 13:49:00


このところ、台風の影響らしく、じめじめと蒸し暑い日が続いていたのですが、8月に入ったとたん、夏らしいからっとした天気になりました。

オオムラサキの幼虫は、暑さに負けず、元気に育ち、早くも2齢も現れています。



2齢になると、体も少し大きくなり、りっぱな角も生えます。





この時期の幼虫は、あまり動き回らず、葉の先のほうで、じっとしています。







この時期、孵化した幼虫が糸を吐いて、その糸を伝って降りて来ることがあります。

写真はその様子ですが、幼虫の上の方へ白い糸が伸びているのがわかるでしょうか?

投稿by蕪生庵2017-08-01 13:49:00|コメント(0)コメントする