1齢幼虫が産まれました

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2019-07-23 14:30:00


停滞している梅雨前線のため、かなりの雨が降っているところへ、台風が接近してきて、

今年もまた去年のような水害の被害が出るんじゃないかと心配しましたが、なんとか危機を

脱出した様です。

この雨続きの間にもオオムラサキは卵から幼虫が生まれていました。





オオムラサキの1齢幼虫は、黒いヘルメットをかぶったような姿をしています。

生まれてすぐの幼虫は白い色をしていますが、少しすると緑色になります。







中にはもう、2齢への脱皮が近い頭の後ろが白くなっている幼虫もいました。




幼虫は、大体一枚の葉に1匹と決まっているのですが、この3兄弟はどうしたんでしょう?




投稿by管理人2019-07-23 14:30:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキを自然にかえす集い

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2019-07-07 13:04:00



今日は「オオムラサキを自然にかえす集い」があるので、朝早くから大勢のお客さんが来られました。

心配していた天気も、ここ何年もなかった様な快晴で、湿度も低くからっとして、最高の天気です。




ネットの中も大勢の人でいっぱいです。



まず最初に今日放すオオムラサキをゲージに取り込みます。




この様なゲージ1つに50匹。全部で3個のゲージで合計150匹のオオムラサキを入れました。

今年は猿にサナギを食べられてしまい、昨年の半数しか放せません。





会場の方も沢山の人が集まりました。






最初に後藤会長から、猿の被害にあって、今年はオオムラサキを飛ばせるか心配したけれど、皆さんのご協力で

数は少ないながら、何とかオオムラサキを自然にかえす事が出来たという挨拶がありました。

そして、子供たちがゲージの蓋を開けてオオムラサキを放しました。





天気が良かったので、オオムラサキ達は次々と飛び立って行きましたが、中には例年通りみんなを楽しませてくれるのもいました。













オオムラサキの里では、これから産卵の季節を迎えます。




沢山卵を産んで、来年も沢山の元気なオオムラサキが見れればいいのですが。











投稿by管理人2019-07-07 13:04:00|コメント(0)コメントする