オオムラサキの幼虫は4齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2019-09-29 11:07:00


九月も終わりに近づいてようやく秋らしくなってきました。

オオムラサキの幼虫は何時の間にか4齢になっていました。





3齢から4齢に脱皮したばかりの幼虫です。

3齢の時の頭の部分と脱ぎ棄てた皮が残っています。

4齢の角は3齢と比べてずんぐりとしていて、鋭いとげがありません。





角の先は赤い色をしています。

これから、冬ごもりのための準備です。






投稿by管理人2019-09-29 11:07:00|コメント(0)コメントする

幼虫は2齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2019-09-04 11:34:00


8月の終わりからずっと雨が降り続いています。台風も来たし、梅雨よりも多くの雨が降ったようなきがします。

オオムラサキの幼虫は、1齢幼虫は全て2齢になり、ちらほら3齢幼虫も見受けられます。




2齢幼虫は、脱皮したばかりの時は角は白い色をしていますが、だんだん赤くなってきます。






そして、次第に濃くなってきて、3齢への脱皮が近づく頃には黒くなってきます。








これは、3齢幼虫ですが、姿かたちは、2齢幼虫とほとんど同じなので、ちょっと見ただけではわかりません。

でも、2齢幼虫より大きくてどっしりしてます。



投稿by管理人2019-09-04 11:34:00|コメント(0)コメントする