ネットの天井を開けました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2015-12-13 10:03:00



12月も半ばを過ぎオオムラサキの里の榎の葉もほとんど散ってしまいました。

今年は暖かくて雪が降りそうもないのですが、雪に備えてネットの天井を開けました。




天井はロープを引けば開く様になっているのですが、途中で落ち葉や木の枝が引っかかってしまうので、竹の竿でつついて引っかかっている枝を外します。





やっとのことで、ネットをたぐりよせました。




無事に天井が開きました。

次に榎の木の根元にネットを巻きます。越冬している幼虫を鳥から守るためです。





これで、冬支度が整いました。いつ雪が降っても大丈夫です。




投稿by蕪生庵2015-12-13 10:03:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの幼虫が木を降り始めました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2015-11-22 13:34:00


11月も下旬に入りましたが、暖かい日が続いています。

オオムラサキの里の周りも紅葉しています。

冷え込みが無いせいか、紅葉がもう一つ綺麗でないようです。




榎の葉も黄色く紅葉してきて、オオムラサキの幼虫も茶色に変わりました。




そして、天気の良い暖かい日には木を降りて来るオオムラサキの幼虫が見られます。












木を降りた幼虫は木の葉の裏で冬を越します。





来年の春までゆっくりおやすみなさい。

投稿by蕪生庵2015-11-22 13:34:00|コメント(0)コメントする

オオムラサキの幼虫は4齢になりました。

◆記事のカテゴリー:日記  ◆投稿日時:2015-10-12 14:30:00


シルバーウイークだ何だと言って騒いでいるうちにオオムラサキの幼虫は4齢になっていました。




3齢の時の長い角が取れて短い角に変わっています。



榎の葉も色づき始めましたが、オオムラサキの幼虫も葉の色に合わせて微妙に色を変えていきます。




葉をちょっとゆらすと敵が来たと思い警戒のポーズをとります。





冬になって幼虫が越冬するための枯葉を榎の根元に撒きました。





榎の木も葉が茂った所を剪定しました。


投稿by蕪生庵2015-10-12 14:30:00|コメント(0)コメントする